中文連のご案内

ご挨拶

静岡県中学校文化連盟会長
静岡市立清水飯田中学校長
伊藤静雄
伊藤静雄

昨年度に引き続き、静岡県中学校文化連盟の会長を務めさせていただく、静岡市立清水飯田中学校の伊藤静雄です。この7年間、ステージ部門の理事、副会長、統括副会長等の経験させていただきました。微力ではありますが、これまでの経験を生かし、本連盟の発展に向け努力していきますので、どうぞよろしくお願いします。
さて、静岡県では、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け文化振興プログラムを全国に先駆けて取り組んでいます。このような中、本連盟は、「静岡県内の中学校の文化活動の健全な発展を図り、文化的資質を高める」という目的(使命)のもと、文化のすそ野を広げる活動に地道に取り組んで参りました。成果として、今年で16回を数える総合文化祭(ステージ部門・展示部門)において、公立、私立、国立、県立高校の中等部、県立特別支援学校から多くの参加を得ることができ、「オール静岡」の総合文化祭を開催できるようになってきました。
今年度は、静岡市において総合文化祭を開催させていただきます。私たちは、静岡大会を、2020年(東京オリ・パラ開催年)に向けた第一歩を踏み出す大会と位置づけ、今まで以上に「オール静岡」を意識し、開催地区や校種を越えた大会となるよう準備を進めていきたいと考えています。また、特別支援学校との絆をよりいっそう深め、感性溢れる文化の交流、温かな心の交流が行き交う大会を創造して参ります。
県民の皆さまには、今年度も中文連の活動に対し、相変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。また、10月に静岡市民文化会館において開催する、第16回県中学校総合文化祭静岡大会に多くの皆さまがご来場くださるようお願い申し上げます。


静岡県中学校文化連盟統括副会長
静岡市立清水第六中学校長
野﨑丈弘
野﨑丈弘

私が中文連の仕事にかかわって6年目となりました。第13回静岡大会の実行委員長をやってからは総合文化祭によせる思いが更に強くなってきました。それは、この文化祭を通して中学生の輝く姿をたくさんみてきたからだと思います。
ステージ部門の出番を控室で待つ生徒たちは様々です。目をつぶってセリフをおさらいしている子、楽器の指使いを確認している子、どの子も集中し、緊張感が伝わってきます。そして、ステージでは練習の成果を発揮し、思いっきり自分たちの演技を披露していきます。そして観客からの拍手に送られ、「やり切った」という満足感、安堵感からお互いに肩をたたき合いながら喜ぶ生徒たちの笑顔のすがすがしさは忘れられません。もちろん展示部門でも力いっぱいの作品に目が釘付けになります。まさに、総合文化祭は中学生の祭典だと感じる瞬間です。
今年は3年ぶりに静岡市民文化会館で第16回大会が開かれます。中部の中学校だけでなく、オール静岡で盛大に開催していくことを考えています。応援をよろしくお願いします。


静岡県中学校文化連盟
副会長(中部地区担当)
静岡市立大河内小中学校長
鈴木恒裕
鈴木恒裕

本年度、副会長(中部地区担当)を担当することとなりました静岡市立大河内小中学校の鈴木恒裕と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
私は、長年にわたり、中学校の吹奏楽や合唱などの音楽活動に携わってまいりました。毎年感じてきたことは、中学生がもっている可能性のすごさです。例えば、中学校入学と同時に吹奏楽部に入学した生徒が、初めて手にした楽器を2年後には自分の体の一部としてかっこよく演奏してしまいます。3年間の成長には目を見張るものがあります。技術面でも精神面でも伸び盛りのこの時期、中学生の鋭い感性や技能を私たち教員は伸ばす支援を全力で行っていくことが必要だと思います。
本年度は第16回総合文化祭を静岡市民文化会館にて開催いたします。ステージ文門・展示部門において、中学生の日常の活動の成果を肌で感じ、感動できることと期待します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。


静岡県中学校文化連盟
副会長(西部地区担当)
浜松市立麁玉中学校長
粕谷 理香
粕谷理香

昨年度から引き続き、副会長(西部地区担当)を務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
かつて私自身も生徒たちとともに、学年合唱という形態で総合文化祭ステージ部門に出演させていただきました。日頃の授業で身に付けた力を多くの皆さんの前で発表できることの喜びや、大きくて広いステージに仲間と立ったときの感動に満ちた生徒の表情等、十数年経った今でも忘れることができません。また、伝統芸能や演劇等、自分たちの地域では味わうことのできない文化活動を鑑賞し、そのよさを味わえたことも、その後の学びの深まりにつながりました。
今年度、第16回を数える総合文化祭の歴史の重みを今一度感じながら、これからの中文連の発展のために、精一杯努力させていただきたいと思います。多くの可能性を秘めている中学生が、文化面でもますます輝き続けられますよう、どうぞこれからも、中学校文化連盟の活動に、さらなるご理解とご支援をお願いいたします。


静岡県中学校文化連盟
副会長(東部地区担当)
沼津市立第一中学校長
米山 孝雄
米山孝雄

今年度、中文連の副会長(東部地区担当)を務めさせていただきます。よろしくお願いします。
昨年度は、第15回総合文化祭富士富士宮大会の事務局を担当させていただきました。県内各地から多くの中学校に参加していただき、「オール静岡」で大会を盛り上げていただきました。合唱、演劇、郷土芸能、吹奏楽など、完成度の高く感動を与えるステージでの演技。とてもレベルが高く、来場者を感心させていた展示作品。静岡県中学生の持っている力の素晴らしさとその可能性にとても驚きと喜びを感じることができました。そしてこの文化を継承していくために、この中文連の活動はとても重要だと思います。そのために、微力ながらも今後のさらなる発展のために尽力したいと思っています。
今年の総合文化祭は静岡で行われますが、東部の中学校も多くの学校が参加し、「オール静岡」で総合文化祭が行われるようにしていきたいと思います。そして、中学生がお互いに磨き合う中で、さらなる成長ができる場になることを期待しています。


静岡県中学校文化連盟事務局本部会計担当
静岡市立服織中学校教頭
柴田邦彦
柴田邦彦

今年度も、引き続き会計を担当することになりました。どうぞよろしくお願いします。
県中文連事務局の活動につきましては4年目になりましたが、会計の仕事は、自分の空き時間を見つけては、銀行に行ったり、様々な手続きをしたりするため、時間を生み出さなければいけない点が大変です。また、旅費の支払い、会計処理、負担金の振込確認などを正確に行わなければならないため、気を遣う仕事でもあります。(ちなみに私の担当教科は保健体育であり、県中体連の事務局長を経験したこともありました。中体連、中文連両方の事務局長を担当したのは、歴代でも私一人ではないかと思われますが、保健体育担当としては、会計事務は苦手分野でもあります。中体連は、事務担当の方を雇うことができましたが。)。
5月12日に開催された第1回目の理事会では、本年度の役員の先生方と顔合わせができました。今後、理事会や総合文化祭の実行委員会が数回開催され、10月の総合文化祭に向けての準備が順調に進んでいきます。
本年度の総合文化祭は、中部地区開催であり、展示部門、ステージ部門ともに静岡市民文化会館で開催されます。県内中学生が、積み上げてきた文化活動を作品展示やステージでの発表を通して、豊かに表現し合えることを願っています。総合文化祭を通して、県内の文化水準が高められること、県内中学生の文化交流の場になることが実現できれば幸いです。
総合文化祭が成功しますよう、県内各中学校の役員の先生方、展示、ステージ発表に向けて生徒たちの指導に携わってくださる先生方には、多大なご尽力をお願いすることになります。私も事務局の一員として、運営面でのご協力ができるよう努力してまいりたいと思います。

本年度事務局

県中文連本部事務局(静岡市立清水飯田中学校内)
本部事務局長 鈴木信政(教頭)
所在地 〒424-0002
静岡市清水区山原112-1
連絡先 TEL:054-365-9571/FAX:054-365-9572
県中文連本部事務局(静岡市立服織中学校内)
本部会計担当 柴田邦彦
所在地 〒421-1215
静岡市葵区羽鳥1丁目8番1号
連絡先 TEL:054-278-9731/FAX:054-277-0219
県中文連総合文化祭実行委員会事務局(静岡市立清水庵原中学校内)
実行委員長 大野哲寛(校長)
所在地 〒424-0113
静岡市清水区原245番地
連絡先 TEL:054-366-0059/FAX:054-366-0036
県中文連総合文化祭実行委員会事務局(静岡市立玉川中学校内)
事務局長 良知佐代子(校長)
所在地 〒421-2223
静岡市葵区落合840
連絡先 TEL:054-292-2014/FAX:054-292-2024

お問い合わせはこちら